So-net無料ブログ作成
読書ノート ブログトップ

孤高のランナー 円谷幸吉物語 [読書ノート]

大会が近くなると、マラソン、あるいはランニングに関する本が読みたくなってきます。
今週読み直したのは、「孤高のランナー 円谷幸吉物語」(青山一郎著、ベースボールマガジン社)。
今年7月に復刻され、一気に読み終えたのを、改めて読み直しています。

アベベの出現で、一気にスピードの時代に突入した東京五輪前夜の日本マラソン界に、
彗星のごとく登場した円谷幸吉さんの一生を、元新聞記者の著者が周囲の取材で綴っています。
ブログ1115①.JPG
初マラソンだった1964年3月の中日マラソンの30キロ地点。雨の中、トップ争いをしているのに、
給水のガラスのコップを捨てられず、伴走の報道車両に手をさしのべて渡したりとか、

7カ月後の東京五輪のマラソン本番で、国立競技場に入って、英国のヒートリーに背後に迫られた時に、
父親に幼い頃から言われていた「決して後ろを振り向くな」という言葉を守ったこととか。

円谷選手らしいエピソードの数々が紹介されているのですが。

しかし五輪の翌年から幸吉はレースに勝てなくなり、椎間板ヘルニアとアキレス腱炎に悩みはじめる。
本職だった一万メートルでも国体で敗れ、「オリンピックの円谷は過去のものです」と苦しい言葉を吐く。

ここからの幸吉のお話はまったく悲劇としかいいようがありません。

東京五輪前から交際し、式の日取りまで決まっていた恋人と、上官の反対で引き離されてしまい、
おまけに、長く二人三脚で歩んできた畠野コーチがこの上官に楯突いて左遷されてしまう。

起死回生をかけたヘルニアの手術の後も経過はよくなく、走り込みもできないまま、
メキシコ五輪の年の正月を故郷の須賀川で迎える。そこで幸吉は、かつての恋人の結婚を知る。
正月に須賀川の街をランニングした時、幸吉は腰と足の激痛で10分たりとも走れなかったそうです。

そして一週間後、幸吉は「もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」の遺書を残して自殺する。

もとはトラックの長距離選手からマラソンに羽ばたいていくときは、辛い練習にも走る喜びに満ちていて、
それだけに五輪後の悲劇が、際だって見える。走り続けることは、こんなにも辛いことなのか。

こないだの「鴨の里」の時もそうだったけど、ぼくこの本読んでから、走っていて辛いときには、
「こんな辛いときに、円谷は何を考えていたんだろうなあ」なんて考えるようになっています。

もちろん立場は違うのだけど、「走る」ということの意味を考えるいい機会になりましたよ。

けさは武庫川河川敷を宝塚市役所まで往復21.0キロ。1時間56分。今月累計175.5キロ。体重71.4キロ。
nice!(6)  コメント(113)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「亭主力」の極意とは [読書ノート]

今年ひそかに、「読書50冊」という目標を掲げています。硬軟問わずではありますけど。
「読書ノート」のカテゴリー、今年になって三つ目。うれしいな、なんて自己満足はおいといて…。

この本は「亭主力」(角川SSC新書)。副題は「夫婦円満 家庭円満の新方程式」と大げさです。
著者は天野周一さん。福岡県久留米市の方で、「全国亭主関白協会」の代表です。
さて、まずは「亭主関白」の定義から、お話は始まるのですが…。

亭主関白なんて、一般的には、ちゃぶ台をわけもなくバーンとひっくり返す、そんなイメージですけど、
天野さんはこれは大間違いだと。関白は天皇の補佐にすぎず、亭主は茶道の世界でもてなし役。
つまり、亭主関白とは家庭に置き換えれば、単に実権を握る妻を補佐し、もてなす役にすぎないと。

この本のおもしろいところは、妻というのはそもそも不条理で、超法規的な存在であり、
へんな話ですけど、どんな犯罪でも、殺人でさえも時効があるのに、例えば浮気には時効がない。
罪をどんな努力をして埋めようとしても、妻の最終兵器には勝てないと認めているところで…、

だから夫婦喧嘩では、「勝たない」「勝てない」「勝ちたくない」の3原則を貫くべきだと説いています。
つまり、亭主関白の上級者は「戦わずして、負ける」を実践していることといい、
そうすれば、無駄で意味のない夫婦のいざこざの大半は最初から避けることができる、と。

おもしろいのは妻の愚痴を聞く能力とやらで、そもそも愚痴というものにはまったく脈絡がなく、
聞くに堪えないものではあるけれど、「月がぁ、出た出た月がぁでたぁ♪」「よいよい♪」のように、
「だよね」「そうそう」と、適当な相槌を打つ能力さえあれば、この会話をやり過ごすことができる。

ぼく、実はこれ実践しておりまして、妻には「いまの話、聞いてんの」と詰問されるんだけど、
ま、ひとつ前の会話まで覚えていれば大丈夫。「~ということでしょ」と言っとけばいいんです。

なんて、だらだらと傍若無人な物言いを重ねてきましたが、妻はきっとこれを読むんだろうし。
それに、「許せない」などと、妻に肩入れする読者の方もいらっしゃるだろうし。
悪気はありませんから。あくまで、無用なトラブルを防ぐための処世術ということで…。

北海道に大型低気圧が近づいて、早暁から大雪。5日ぶりにランニングは休みました。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

走ることについて語るときに僕の語ること [読書ノート]

この本、昨年10月の出版から、ランナーの方々のブログには、頻繁に紹介されています。
村上春樹さんと言えば、恥ずかしながらぼくは「ノルウェイの森」ぐらいしか知らず、
走る趣味があったとは、新聞の書評欄にこの本が紹介されていて初めて知ったのですが。

村上さんが走り始めたのは33歳の時で、職業として小説家を選んだころと一致するそうです。

面白かったのは、村上さんが96年にサロマ湖の100キロマラソンに出場して、
11時間台の記録で完走して以降、走りたいという自然な欲求が目に見えて薄れたというところ。
村上さんはそれを「ランナーズ・ブルー」と表現しています。
ちなみに村上さんはこの後、サロマを含めてウルトラには出てません。

サロマの後、体のなかに諦観みたいなものが居座ったのか、単純に走ることに飽きたのか。
村上さん本人もその「ランナーズ・ブルー」がなぜもたらされたのか分からないと書いています。
そして、サロマから10年近くがたったいま、ようやくそこから抜け出しつつあるとも記しています。

「歳月が一巡りした、サイクルがひとつ完結したという実感が僕の中にある」のだとか。

村上さんがサロマを走ったのは走り始めてから15年がたったころにあたります。
40代後半。加齢していくわけだから、記録は頭打ちになるし、それでも走る理由を見い出すには、
タイム以外の別のモチベーションを獲得しなければならない。

言うのは簡単だけど、これは大変なこと。ぼくもいずれはこの壁に向かい合わなくてはなりません。

「大事なのは時間と競争をすることではない。どれだけの充足感を持って42キロを走り終えられるか、
どれくらい自分自身を楽しむことができるか、おそらくそれが、
これから先より大きな意味をもってくることになるのだろう。
数字に表れないものを僕は愉しみ、評価していくことになるだろう」

この部分、かなり共感させていただきながら、読みました。いずれ自分がこの壁にぶちあたった時、
その時にもう一度、この本を読んでみようと思いました。それと…、
一皮むけた村上さんといつか、サロマでお会いすることできれば…、と想像を膨らませましたよ。

         ♪         ♪         ♪

きょうは久しぶりに妻と白石サイクリングロードを走りだしました。キロ6分ペース。
東札幌~北広島市境間にプラス2キロ。2時間27分かけて24.3キロ。妻は15.0キロ。
今月累計225.6キロ。体重は70.4キロ。また70キロ超えちゃった。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駅伝がマラソンをダメにした [読書ノート]

ちょいと前の話になりますけど、今年正月の箱根駅伝で史上初めて3チームが
レース中の血糖値低下などのアクシデントで途中棄権となりました。

新聞各紙は「周囲の過熱が選手を追いこんでいる」、あるいは
「アクシデントを抱えて走る選手を美化する傾向が問題」などと論評しています。

2年前の暮れに発売された光文社新書「駅伝がマラソンをダメにした」。
前々から気にはなっていたのですが、旅行の移動時間が多かった機会に読みました。
筆者は博報堂出身のスポーツライター、生島淳さん。

1987年に日本テレビが箱根の全区間生中継を開始して以降、箱根に出る関東の大学は、
全国の高校から優秀な才能を集めていながら、彼らは箱根でモチベーションのピークを迎えてしまう。
それが男子マラソンの層を薄くしている、という現実を深く考えさせられました。

共感したのはまず、「箱根は異常な長さのロードレース」だということ。
高校も実業団も、駅伝では距離に長短のメリハリがあるのが普通なのに、
こと箱根についていえば、ハーフマラソンに近い20キロ前後が10区間も続きます。

以下、記載の要約になります。

これではトラックの中距離選手は挑むことができず、各チームはレベルを問わず、
箱根のための選手育成に徹しないといけない。駅伝とマラソンは時期も重なり、
チームプレーであるがゆえに、大学時代にマラソンに挑戦する選手などいなくなる。

受験シーズン前の正月。大学にとっては箱根が大切な宣伝になるわけだから、
一定レベルにある選手が箱根をパスして、マラソンに挑むことなど許すわけもない。
五輪や世界選手権では、箱根経験者以外から選手が選ばれることが珍しくなくなった。

選手を過剰なまでに箱根に駆り立てたツケが、マラソンに表れている。
女子が世界と戦えるのは、最初からマラソンを最終目標にする素地があるからだ。

(要約、ここまで)

そういえば、最近ぼくのお気に入りのコニカミノルタの松宮隆行、祐行兄弟は、
若い時期からマラソンにチャレンジするために、大学に進むのを避けたのだとか。

この本の筆者の生島さんは実は箱根の大ファンで、それはぼくもまったく同じ。
ただ、箱根至上主義が日本の男子陸上界の強化を歪めているとなると問題です。
 
          ♪          ♪         ♪

けさも白石サイクリングロードを東札幌~北広島市境間往復22.3キロ。2時間3分。
往路はキロ5分40秒、復路は5分30秒。氷点下5度程度の環境でのランにも体が慣れてきました。
今月累計171.6キロ。体重はなぜだか70キロの壁を前にとどまったままで、70.2キロ。


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「大人」がいない [読書ノート]

昨日の夕暮れ時、マッサージを受けて地下鉄駅に向かって歩いていたら、
制服を着た若い女性がつかつかと近寄ってきました。「おれは何もしてないぞ」と無視しようとしたら、
「よろしくお願いします」と、「自衛官募集」の文字が記されたポケットティッシュを手渡されました。

「ふ~ん、最近の自衛隊は中年のおっさんも採用するのか」と思っていたら、
ティッシュには、しっかりと「18歳~27歳の男女」と対象年齢が記してあり、…ということは、
「僕って、何歳に見えていたのかな」なんて、それ以来、やや複雑な気持ちに支配されています。

というのは…、最近、「『大人』がいない…」(清水義範著、ちくま書房)という本を読んだからです。

この本の後書きから抜粋をしますと、

「どうも近頃の日本人は、大人がちゃんと大人になっていないいんじゃないでしょうか。
どういうわけだか、妙に大人がいない世の中のような気がするんです。
もちろん体は大人に成熟しますけど、思考法がまともな大人になっていないような気が。
そして、日本の文化がどんどん子供っぽくなっているような気がするんです」

いまをさかのぼること10年前、留学していたニュージーランドの酪農地帯で、
「こういち(わたくしの名前です)って若く見えるよね」って、周囲から言われ続けて、
最初は喜んでいたけど、後々、「これはちょっと違うな」と気づいた時があるんですよね。
明らかにそれは「頼りない」「未熟である」というのと、同じ意味に感じたのでした。
確かに、欧米社会(←欧米か!)では「ヤング」は「未熟」と同じ意味なんですよね。

この本の著者が指摘しています。(以降は要約)

学校でも家庭でも、大人が大人としてではなく、子供と同じように振る舞っている結果、
友達のような先生が好まれ、仲のいい親子がうらやましがられる。
父親が厳しく教育する家庭が少なくなった結果、パラサイトやニートが増えている。
経済をけん引すべき主要産業が不振なのに、アニメ、ゲームなど子ども文化が発達する。

うううう…、なんだか、耳が痛いという人も多いのでは。
最初の自衛隊のティッシュの話に戻りますけど、余りにふらふら歩いていたので、
その背筋がピンと伸びた女性自衛官には、ぼくがニートやパラサイトに見えたのかもしれません。
でも、若いなんて見られて、男は喜んでばかりではいられないぞ、と改めて思いましたよ。

札幌は今年初の真夏日。午前11時過ぎに30度を超えました。
白石サイクリングロードを14キロポストまで、往復17.0キロ。
往路はキロ5分30秒、復路はキロ5分から4分まで上げました。
月曜日の指圧効果で足がよく進む感じ。しばらくスピード練習も支障がなさそうです。
今月累計300.8キロ。体重は68.2キロ。


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

風が強く吹いている [読書ノート]

リアリティがないフィクションというのは、もともとかなり苦手です。
「うそだろ」「そんなわけぁ、ねーだろ」と思っているうちに、だいたいしらけて読むのをやめちゃう。
これも序盤は「ありえない」と冷ややかに読み進めていましたが、
なんだか、知らないうちにストーリーのなかに引き込まれていました。

三浦しをん著「風が強く吹いている」(新潮社)。
お貸しいただいたのは、わたくしのランニングの師匠、ナイアガラ・マラソンクラブの川邊会長です。
そのほかにもこのブログにお越しいただく、おがまんさんら多くの方々の薦めも頂いてます。

寛政の改革でしられる松平定信ゆかりの寛政大学(という設定がまずありえない)に通う、
ぼろアパートに住む4年生の男が、近くのコンビニである1年生と出会うところから話が始まる。
この1年生を強引にアパートに住まわせ、そのうえ「女にもてる」「就職に有利」とアパートの面々を次々にだまし、「箱根駅伝を目指そう」ということになる。
10人のうち、陸上経験者は3人。サッカー、剣道の経験者らと、スポーツ経験がない漫画おたく。

思わず、70年代の野球漫画「アストロ球団」を思い浮かべましたよ。

ところがジョグからはじめた寄せ集め集団がその後順調にタイムを伸ばし、
予選会もぎりぎりで突破し、10カ月後、ついに箱根の舞台に立ってしまう。
ま、そんな現実離れしているところに、けちをつけるつもりは、まったくありません。
それにしても、最初の記録計測でほとんどが5000メートル17分台とは……。

すごいのは三浦しをんさんが、走る人の心情というか、理想をよく理解しているところ。
たとえば、リーダーが、みんなを少しずつ乗せていく場面。

「速さだけでは長い距離を戦い抜くことはできない。
天候、コース、レース展開、体調、自分の精神状態。
そういういろんな要素を冷静に分析し、苦しい局面でも粘って体を前に運び続ける。
長距離選手に必要なのは、本当の意味での強さだ。
僕たちは『強い』と称されることを誉れにして、毎日走るんだ」

そして箱根のレースのさなか、リーダーが自分に言い聞かせる言葉。

「物理的に同じ道を走っていても、たどりつく場所はそれぞれちがう。
どこかにある自分のゴール地点を、探して走る。考え、迷い、まちがえてはやり直す。
もし答えが、到達するところが、ひとつだったなら。
長距離に、これほど魅惑されはしなかっただろう」

箱根のレースの場面では、10人のランナーそれぞれが、
自分のこれまでの人生、そして家族のこと、
あるいは何のために走っているかを自分の口で語っていきます。
この手法、とってもナイスです。それぞれが自分の親友のようで、
10区を走る4年生が、東京・大手町の読売新聞前ゴールに駆け込む場面では、
わが輩も他のチームメートとともに、「いまか、いまか」と彼を待っているような気分になりました。

東京マラソンを前にしたイメージトレーニングとしては、かなりよかったかも。
川辺会長、ありがとうでした。


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まず、歩くことから [読書ノート]

NPO法人「ニッポンランナーズ」の理事長で、マラソン中継の解説者で知られる
金哲彦さんの近刊「3時間台で完走するマラソン」(光文社新書)を一気に読み終えました。
副題は「まずはウォーキングから」。
走り始めて3年。いまさら基礎的な知識なんて、なんて傲慢に考えていた時期もあったけど、
きのうも書いた北海道マラソンでの「事故」を契機に、
改めて「走るとは」という原点を見つめてみようと考えています。


さて、この本で指摘しているのは、トップアスリートの指導法にもとづいたコーチングの常識の数々。
やや、専門的で申し訳ないのだけど、目からうろこだったのは、
(1)まず正しい歩き方を心がける。
※背筋をのばして、背中の肩甲骨を寄せるようにして胸を開く(肩の力は抜く)。足を前に出すのではなく骨盤を前に出す意識を持ち、腕ふりは後方に引くことを意識する。
(2)疲労を示す物質である乳酸を生まないためにどうトレーニングをつむか。
※まず、乳酸が蓄積する運動負荷のぎりぎりのところを心拍数などで把握する。把握した一定のレベルでのトレーニングをつむことで、このレベルを徐々に上げていく。

ほかにもLSDや、ウインドスプリント(短距離トレーニング)、クロスカントリー走、ペース走など、
トップ選手たちのトレーニング方法の効果や実践方法を解説してあります。

というわけで、きょうは本の中でも薦めていたLSDでした。
筋肉の毛細血管を発達させ、脂肪を燃焼させやすいからだを作ることが目的です。
妻と一緒におしゃべりを楽しむぐらいのペース(キロ6分30秒から7分にかけて)で2時間10分走。
白石サイクリングロードを東札幌で折り返し、青葉中央通で再び折り返して、
帰りは新しい風景を楽しもうと(お店の発見も兼ねて)、南郷通を帰ってきました。
やや冷えたからだに、我が家近くの本郷通8丁目北、うどん専門店「つるつる家」のカレーうどん。

ごちそうさまでした。2玉入りでも同じ値段というのがありがたい。

しめて18.5キロ、今月累計237.0キロ。体重は70.4キロ(思うようには減りません)。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

灰谷健次郎さん [読書ノート]

児童文学者でランナーでもある灰谷健次郎さんが亡くなられた。
恥ずかしながら、実は代表作の「太陽の子」「兎の眼」すらも読んでいない。
とやかく論ずる立場ではないが、一冊だけ読んだ本がある。

「遅れてきたランナー」(1990年)。
結婚する前に、妻にプレゼントされた。
灰谷さんは49歳で走り始めた。
高石ともやさんらに誘われ、初めてホノルルマラソンに参加した時の心の情景が面白い。

(以下抜粋)
参加している限り全力を尽くせ、というのが日本人だろう。そういう考えしかないわれわれから見ると、(歩くのを楽しんでいる)彼らは、いいかげんででたらめに見える。
しかし、よく考えてみるとスポーツの楽しみ方はいろいろあっていいはずだ。(略)
彼らの方がスポーツに対して、豊かな考えを持っていると確実にいえるだろう。
ほとんど練習らしい練習もせず、ほんとうはありもしない根性を、あるように錯覚して、むき出しの闘争心だけで走ろうとしたわたしのような人間こそが貧しいのだ。
そういう人間には神様は絶望しか与えない。

こうも書いている。

「がんばる精神」イコール、スポーツぐらいにわたしたちは思っている。歯をくいしばってがんばることが、スポーツの最大の美徳とされる。(略)
がんばることがすべて悪いわけではもちろんないが、心と体がばらばらの状態でそうするのは百害あって一利ない。
ランニングをはじめて、学んだことは心と体は対等で、両者の相談によって、あらゆるスポーツが成り立つということだ。(略)
がんばるということは本来、人間のけなげな意思であって、悪いものであるはずはない。
そこに無知と野蛮と、もっというなら自己否定というか、目的のためなら手段を選ばずという競争主義が加わるから、ひどいことになるのだ。

なるほど。

ぼくも走り始めて丸3年。まあ、思い当たるところは多いし、そうならないように心がけている。
もちろん速くなりたいけれど、それがすべてにならないようにと思う。
実は走るという世界に身を置いていて、時々あさましい光景に出くわすことがある。
8月の北海道マラソン。前回を大きく上回る参加者に、給水所の水が追いつかない。
「なにやってんだ」「しっかりしろよ」
ボランティアの人にどなり散らすランナーが多く、かなり悲しい思いをした。

灰谷さんの話に戻る。
1997年の神戸連続児童殺傷事件で、少年法に違反し、当時中学3年の加害少年の写真を公開した「フォーカス」に対し、灰谷さんは出版元の新潮社との版権をすべて解消して抗議した。
おとなげない、という批判もあるだろう。
児童文学に生涯をかけた灰谷さんにとっては、なし崩し的に少年法の趣旨がないがしろにされる現状が許せなかったのだろう。骨がある人だった。
ご冥福をお祈りします。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
読書ノート ブログトップ
メッセージを送る