So-net無料ブログ作成
健康のこと ブログトップ
前の10件 | -

手術台から生還しました [健康のこと]

火曜日の手術は、午前からの「先客」に次いで2番目でした。何時になるか分からないと言われていたので気長に志ん朝の落語を聴きながら待ちました。

手術室に入ったのは午後2時50分。指輪を外して、帽子をかぶり、すぐに下半身麻酔の注射を打たれました。その後、両手両足を固定され、目の前をカーテンで覆われました。

前日に「手術の時に何の音楽をかけましょうか」と看護師さんに尋ねられ、「何でもいいです」と答えたら、「aiko」のベストみたいのが流れていました。

主治医を含め男性医師3人、看護師2人のチームでした。やがて内視鏡が尿管の先から入ったようで、「痛くないですか」と何度も声をかけられましたが、まったく下半身の感覚はありません。

内視鏡のモニターが半分ぐらい、僕が寝ている場所からも見えましたが、管がふさがっている部分を電気メスで切りながら、広げているようでした。

1時間10分ほどで処置が終わり、すぐに手術台からストレッチャーに移され、病室に戻りました。しばらくは頭がぼんやりして、眠っていたら、主治医が来て「うまくいきましたよ」と言ってくれました。

心配していた出血量はたいしたことなく、前立腺に手をつける必要がなかった、とのことでした。

そのうち、妻と母親、なおらいが病室にやってきて、夕食をいただきました。絶対安静なので、体を起こしたのはこの時だけで、あとは横になってワンセグでテレビを見たり、小説を読んだりでした。

水曜日になってやっと動けるようになりました。木曜日午前に予定通り退院できる予定で、この非常時に同僚に多大な迷惑をかけているので、すぐに仕事に復帰する予定です。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

被災地に向けて何もできないどころか、きょうから入院生活です [健康のこと]

突然ですが、きょうから入院しています。もちろん地震で被災したわけではありません。ながらく尿管の狭窄による排尿障害の持病があり、12月から通院していたのですが、2月末に症状が悪くなり、今週火曜日に内視鏡による切除手術を受けることになっていました。

といっても基本的には健康体ですから、今回の地震発生で、予定通り入院するかどうか考えましたが、担当医の薦めもあって、この際、しっかり治療することにしました。

被災地の病院はどこも野戦病院さながらの光景なのに、ここではぼくのような患者にも個室が与えられ(4人部屋を希望していたのですが…)、まことに申し訳ない気持ちです。

あす午後に2時間程度の手術を受ける予定で、水曜日に検査を受け、経過が良好であれば、木曜日の午前中に退院する予定です。

地震発生後、仕事をしている時は気が張っていたのに、ここでは被災地に対して何も出来ないもどかしさばかりです。せめてすぐに仕事に復帰できるよう、新聞、テレビのニュースに接していくだけです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

走っても、走っても、高脂血症ランナー [健康のこと]

10月下旬に会社の健康管理室で受けた健康診断の結果が返ってきました。前回5月の検査で「通常値」を超えていたのは、中性脂肪、総コレステロール、LDLコレステロールの3項目でした。

さて、この春以降、妻の手料理を頂ける環境になって(それでも外食する機会はあまり減ってませんが…)、どれだけこの値が変わったのか、われながらかなり期待していたのですが…。

ブログ091117①.jpg

変わっていたのは、中性脂肪が大幅に下がったことと、LDLコレステロールが増えて、総コレステロールが微減したことでした。肝機能などは大きな変化はなりませんでしたが。

LDLコレステロールは俗に悪玉コレステロールとも呼ばれますが、必要以上にたまってしまうと細胞や血管にたまって酸化してしまい、動脈硬化などの原因になってしまいます。

医師の所見として記されていた、生活習慣上の注意事項は、「運動」と「要コレストロール制限」だって…。しかし…、月間400キロも走って、これ以上何をせいっちゅうねん!!

きょうの大阪は冷たい雨。ランは久しぶりにお休みでした。昨夜は帰宅後にナイトラン。1時間5分かけて12.8キロ。今月累計では243.2キロでした。体重は69.8キロでした。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。

banner_21.gif


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一大決心のインプラント手術を受けました [健康のこと]

さて、水曜の午前中に大阪梅田の歯科医で、インプラントを埋め込む手術を受けてきました。
歯科医は大阪駅前の高層ビルにあり、いい眺めの手術室で社長みたいな椅子に座らされました。
実はこれまでの人生において、手術というのは初めての経験でした。まず入念に麻酔されて、

ここからは目隠しをされて、運命を30代半ばほどの男性の先生に預けるかたちになりました。
麻酔が効いてきたところで、歯茎をきられ、上あごの骨にグリグリとドリルで穴を開けられました。

先生の説明では、奥歯にインプラントを埋める場合、多くの人はこの部分の上あごの骨が薄く、
鼻孔の奥の空洞である上顎洞(じょうがくどう)の底の骨を粘膜ごと持ち上げる必要があるそうです。
CIMG4960.JPG
そこでハンマーのようなもので叩いて、骨を割って持ち上げていくそうで、そこにできた隙間に、
骨となる薬剤を入れていきます。つまりこれで骨の薄さを補うという考えなんだそうです。

薬剤が注入された後、穴は4ミリ程度の径に広げられ、2本のインプラントが埋められました。

あとは開いた歯茎を縫われ、おしまい。1時間45分ぐらいの手術でしたが長く感じました。
術後に撮ったレントゲンで、確かにあごの骨にさしこまれたインプラントを確認しました。

一週間後に抜糸し、インプラントにセラミック製の歯が入るのは来年の2月ごろだそうです。
驚いたのは頂いた薬の数の多さで、抗生物質や痛み止めなど、なんと計5種類。
これだけの種類のお薬を、時間をメモしながら服用するのも、人生において初めてのことです。

それになんと言っても、抗生物質が出ている間は、アルコールも激しい運動も禁止されています。
なんだか、じわ~んと痛いし、だいいち食事をおいしく頂けないし、手術って本当に大変だなあ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

出費は痛いけど、インプラント治療に踏み切ります [健康のこと]

放っておいてはいけないと分かってはいるのだけど、何もせずに放置しておくことって、
意外に多いのですが、ぼくの場合、ここ数年来の最大の課題なのは歯の治療です。

言うまでもなく、歯のかみ合わせはスポーツのパフォーマンスだけでなく、
日頃の健康にも大きな影響力があるというのは明らかで、例えばおかしな噛み方を続けていると、
顎の骨の歪みにつながり、やがて全身の骨の歪みにつながっていく、ということのようです。

で、僕の場合は、3年前に右上の奥歯を虫歯で抜いてから、その奥歯から3本目までがない状態で、
つまり右側は奥歯でかみしめることができない。つまり右側は力が入りにくい。

ぼくの体の癖を熟知しておられる「くつぬぎ手技治療院」(札幌市)の沓脱先生の話によると、
右肩が落ちる姿勢が生活習慣となっていて、腰が体の中心線から左側にずれている。
つまり左は突っ張って、右は縮みがちになり、その結果、左に弓なりになっているそうです。
E38396E383ADE382B00918E291A0.jpg
前置きが長くなりましたが、これを修正するには右の奥歯を治療するしかない…、ということで、
ないものを治療するわけにいかないから、要するに「インプラント治療」しかないわけです。

で、ネットで調べて、複数の歯科医で見積もりをしてもらったのですが、そのうちの一つで
無料のCT検査をしてもらったところ、インプラントを打ち込む部分の骨がやや薄いらしく、
骨の補強手術がまず必要なのだとか。ゆえに費用はやや高額となってしまい…(号泣)、

3本すべてに打ち込むと100万円を超えるようです。手前の2本だけでも86万円ほど。
かぶせる歯の材質を落とせば少し安くできますが、夏のボーナスも減額されるなか、
なかなか痛い出費です。でも、まず手前の2本を埋め込む決断をし、手術も予約しました。

骨を強化し、土台を埋め込む手術の後、実際に歯を取り付けるには半年ほどかかるようです。
これがマラソンのパフォーマンスにつながるかどうかは分かりませんが、
それはそれで、おまんまが今より美味しく食べられるようになるのなら、それはうれしいな。

                 ♪

水曜日は甲子園駅前のジムでラン11.0キロ(ジムまでのラン含む)。バイク10.0キロ。
木曜日は同じくジムでラン8.0キロと、スイム(クロール)のレッスンを受けてきました。
今月累計100.2キロ。体重はやや増えて、71.4キロ。そこそこ走っているのになあ。(泣)

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif
nice!(6)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2度目の人間ドックでした [健康のこと]

会社の健保組合で、40歳を過ぎると、5歳おきに人間ドックを無料で受診できるんです。
来年3月で45歳の誕生日を迎える私も、今年度が対象年にあたり、
大阪・中之島の検査施設で受診してきました。40歳の時に次いで2回目のことです。

普通に受診すると、最も安いコースでも5万円ほどするので、得難い機会です。

前回苦しい思いをして、気が重かった胃カメラも、バリウムを飲んでの胃透視で代用してもらい、
あと、トレッドミルで近道を走って心拍数を上げてから、心電図を測るというのもありました。
心臓に負担をかけることで、狭心症などの心臓病の発見に有用なんだそうです。

ま、時代を追っていろいろ新しい検査が増えてくるというのもおもしろいもんですな。
検査後の医師の検診によると、きょう分かった血液などの数値によると、
例の中性脂肪を除いては、ほぼすべての値が基準値内に収まっていていたようでした。

ところが、おなかにゲルみたいのを塗って、内臓を見る超音波検診の速報結果によると、
胆嚢にポリープが見つかったのだとか。「大丈夫ですよ」とは言われましたが、
3ヶ月後に再検査しなればいけないようです。ううん、面倒だなあ。
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体脂肪率10.2%…ほんまかいな [健康のこと]

きのう入会した阪神甲子園駅前のスポーツクラブに、午後3時すぎに自転車で行きました。
なんといっても、きょうの大阪は35度。今年初の猛暑日だったようです。
暑さのピークをやや超えてからでないと、外に出る気にすらならなかったので。

きょうは例によって、30分のランニングを計3本。スピードにはやや強弱をつけ、
キロ5分20秒、キロ5分ちょうど、キロ5分30秒。あわせて17.1キロでした。
しかしわれながら、トレッドミルを飽きもせず(飽きるけど)1時間半も走るなんて。

驚いたのはジムにある多機能体重計で体脂肪率を図ってみると、10.2%だったこと。
この3年間、使っている家庭用の「からだスキャン」では15%を下回ったことがありません。

右足、左足、右腕、左腕、体幹と体のパートごとの脂肪量、筋肉量も出て、
家庭用よりはかなり精密に見えるんだけど、どっちが正しいんでしょう。気になるなあ。

ジムを出て、サッポロビールの「北海道生搾り」を売っている大型量販店まで行って、
1ケース買って、帰りは阪神今津駅前の「餃子の王将」にふらふらと立ち寄って帰る。

なんにもない日の典型的な休みの過ごし方です。今月累計176.4キロ。体重67.7キロ。
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひじき、納豆でからだをつくる!! [健康のこと]

単身赴任でひとり暮らしのわたくしですが、最近、週に2回は出勤前の昼食を自宅で食べます。
理由はいろいろあって、お昼前に汗だくで帰ってくると、水シャワーを浴びても、
汗が完全に引くまでは40分ほどかかるので、その時間を有効を使おうと思ったこと。

それに納豆やひじき、もずくなど、最近意識して食べようと思っている食材は、
なかなか定食屋さんで食べるのは難しいですからね。

ランナーに貧血はつきものです。足底に負荷がかかり続けて赤血球が壊れ、
血中の鉄分が流れだすため、失われる以上に鉄を補うことが必要になってきます。
ブログ0613①.JPG
小出義雄さんが監修しているインターネットの小出道場「虎の巻」によると、
ランナーが日頃から摂らないといけない食事は、まず動物性たんぱく質、植物性たんぱく質、
緑の野菜、赤い野菜、黄色い野菜なんだそうです。

なかでも大切なのは、鉄分や亜鉛を多く含む、ひじきや豚レバー、牡蠣(かき)など。
さらに、これら鉄分を吸収して、血液を作り出す肉や魚、大豆などたんぱく質類。

というわけで、生協の「ひじきたっぷり おかず豆」(250円ぐらい)をこのごろ愛用しています。
きょうのお昼ご飯はこの「おかず豆」と稲庭うどん、納豆、トマト、もずく酢でした。
稲庭うどんを茹でて、ショウガをするだけですから、準備から片づけまで40分です。ブログ0613②.JPG
このあいだにちょうど汗もひいてくれて、食べたらすぐに出勤もできるわけなんです。

動物性たんぱく質は日々、居酒屋などで食べる煮魚やレバーで補給していく、として…、
秋に向けて、レースで力を出し切れる身体を食事で作っていきたいな、と思っています。

          ♪          ♪           ♪

けさは国道2号線を西に向かい、夙川を下って、香櫨園浜から人工島に渡り、
湾岸線から甲子園浜、武庫川河口を経由する20.5キロ。1時間48分でした。
今月累計166.0キロ。体重は69.2キロ。きょうは京都、枚方などで30度を超えました。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ランナーだからウイスキー [健康のこと]

サロマのレースはあと2週間後になりました。友人には既に断酒している人もいます。
でもぼくの場合、例えば今夜、飲めないなら、人生の愉しみをどこに見つければいいんだろう、
なんて思っちゃうんだよな。こんなこと言ってるから、正念場で頑張り切れないのかなあ。

ぼくは朝刊勤務でなく、夜がフリーな日は、自宅か、近所の居酒屋で飲むのが多いです。
で、ここしぱらくマイブームなのは、ウイスキーの水割り。あるいはソーダ割り。

ウイスキーは水割りにすれば意外に健康的な飲み物で、シングル1杯65キロカロリー。
ちなみに生ビール1杯200キロカロリー、日本酒とっくり1本も200キロカロリー。
しかもウイスキーにはビールや日本酒、ワインに含まれる糖質は含まれていません。
ブログ0608①.jpg
肝臓でアルコールを分解するには多量の水を必要するといい、
それを考慮しても飲酒時に水を頂くことは理にかなってもいます。

ぼくハイボールが好きなんですけど、最近カロリーゼロのソーダ「キリン ヌーダ」を、
会社の自販機を見つけ、これを家に買って帰り、自宅で楽しんでいます。
ほのかなライム味もウイスキーの香りとマッチするんですよね。

と、抜け道ばかりを考えていると、ついつい量が過ぎてしまいます。
今年は長距離を走ることで過酷な負担を与えてしまう肝臓を休ませる意味でも、
サロマの3日前からは断酒したいな、と個人的には思っていますが、

レース前夜の遠軽(えんがる)の宴で友人がそれを許してくれるかどうか…、とほほほ。

            ♪         ♪         ♪

昨日は勤務前に1時間24分かけて、武庫川河口、阪急神戸線ガード往復16.3キロ。
きょうは日暮れ時に2時間20分かけて南武橋、今津浜、人工島、鳴尾浜から
武庫川河川敷を新幹線ガードまで往復し、26.1キロでした。

この時間のラン、気持ちいいな。今月累計107.0キロ。体重は68.8キロ。
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

走っても、走っても高脂血症 [健康のこと]

山頭火の句に「分け入っても分け入っても青い山」というのがありますが、
ぼくの場合、「走っても走っても高脂血症」という感じです。全く関係ありませんが。

5月中旬に会社で受けた健康診断のうち、血液検査の結果がきょう送られてきました。
ぼくの場合、注目は「中性脂肪」そして「総コレステロール」なんですけれども。

このブログでは過去に何度も書いていますが、ぼくが走り始めたきっかけは、
体重が85キロを超え、中性脂肪が基準値上限を大きく上回り300台後半となったからです。

ところが体重は落とせたのですが、この二つの値は走れど、走れど基準値に収まってくれません。
今回は中性脂肪が164(基準値30~149)、総コレステロール226(同120~219)。
ブログ0526①.JPG
もちろん走る前に比べると大きく落とせはしましたが、基準値にはまだ届きません。

なんで、基準値入りにこだわるかというと、ぼくは腹回りは80センチ以上あって、
しかも高脂血症の数値がオーバーである(しかも二つとも!!)ということは、
いつでも「メタボリック・シンドローム」と判断される要件を満たす可能性があるということなんです。

いろんなホームページを見てみると、改善されない原因として考えられるのは、
まず「食事量が多い」、次に「飲酒量が1日3本以上(1本はビール中瓶1本、日本酒1合相当)」で、
さらに「早食いである」と。これだけを見ると、すべての悪条件を満たしているんです。

さて、何から始めるか。よくかんで、時間をかけて食事をするのが大事だと分かっているんだけど、
これ、ぼくにとっては、走ることよりも苦手なんですよね…。とも、言ってられないか。

nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 健康のこと ブログトップ
メッセージを送る