So-net無料ブログ作成
メディアのこと ブログトップ
前の10件 | -

雑誌「ランナーズ」連載が終わりました [メディアのこと]

一部関係者のみが熱くなった統一地方選挙がやっと終わり、普段の日々に戻りつつあります。支局で頼りにしてきた若い記者は選挙が終わると同時に転勤休暇に入り、なんだか「恋人」をなくしたような、目標にしてきた大会が終わってしまったような脱力感にさいなまれています。

さて、先日、雑誌「ランナーズ」編集部員から電話があり、昨年8月号から「わかちゃん編集局」のページでほぼ1年間続けてきたコラムが現在発売中の6月号を最後に打ち切りになったと連絡を受けました。大幅な紙面改革があるそうです。

ある程度予想していたことだし、本音を言うとそろそろネタにも困ってきたので、実はちょっと安心していたりもします。

大会に参加して友人にあうと、「まんが、見てますよ」(「コラム読んでますよ」ではなく…)なんて言われるのがくすぐったくもありましたが、なかなかいい経験をさせていただきました。

ランナーズ編集部の皆さま、そしてわかちゃんこと若林順子さん、長い間ありがとうございました。

きょうは大阪マラソンの落選メールが届きました。う~ん、残念。

先週末は土曜日に宇治橋、天ケ瀬ダム、宇治上神社、万福寺、隠元橋、京阪宇治、天ケ瀬ダム、平等院の21キロ。日曜日は太陽が丘、城陽署、木津川左岸、流れ橋、第2京阪、久御山ジャンクション、宇治川右岸、塔の島の29キロ。

きょうは太陽が丘、2.3キロコース4周、立命館宇治の起伏走17キロ。今月累計では231キロ、体重は71.2キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠く離れていても、被災地にできることはある [メディアのこと]

洞爺湖マラソンは参加する方向で準備することにしました。参加に必要な費用を被災地募金に充てようかと思いましたが、結局は航空券を購入したうえで、遠征費相当分を募金してきました。

いろいろ考えてみると、被災地に向けてできることはいっぱいありました。

まずは放射能漏れに伴う風評被害に遭っている被災地の産品を生鮮品にかかわらず購入すること。幸い日本酒好きで、一升瓶を月に3本ほど消費するので、しばらくは福島県二本松市の「大七」とか「奥の松」などを買い続けようと思っています。

生鮮品はいまは買えませんが、お米なら福島、宮城産のものは関西でも買えます。あとは水産加工品ですが、これは現地の生産が回復してからになるでしょうか。

現実的にはほぼ無害のホウレンソウや小松菜、牛乳が廃棄されるのはしのびない。これを機に中国産野菜に切り替える外食産業も多いようですが、まったく論外です。

被災地に「頑張ろう」と善人づらをして声をあげているものたちが、半面、被災地を苦しめるような行為を平気でしている。震災発生から2週間がたち、そんな嫌な部分ばかりが目につきます。

火曜日は宇治橋通り、平等院、天ケ瀬ダム、志津川、三室戸寺、宇治橋の10キロ。水曜日は万福寺、京阪宇治、天ケ瀬ダム、平等院、宇治橋通りを16キロ。今月累計は163キロ。体重は70.2キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

記者生活のすべてがリセットされたような [メディアのこと]

昨日の地震発生から、仕事とテレビにくぎ付けになっています。新聞記者として、23年間勤務してきましたが、応援取材した阪神大震災も含めて、そのすべてがリセットされるような気がするほど、大きな衝撃を受けています。

懸念していた政局は当面避けられそうな雲行きですが、統一地方選をへて、しばらく続くであろう長い戦いの日々に気が遠くなっています。被災地で戦っている人たちの比ではないのですが。

週末は合わせて60キロほどのロング走を計画していましたが、かなうわけもありません。名古屋国際女子も中止になり、こんなに不明者が多い中では、これもやむをえないかと。

記者としていまできることは何か。あるいは洞爺湖もサロマ湖も参加できないかもしれません。自分が現地入りすることを含めて、しっかりこの地震と向き合いたいと思っています。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雑誌「ランナーズ」で連載が始まりました [メディアのこと]

サロマ湖までカウントダウンに入りました。ビデオを見たり、過去記事を見たりして、気持ちだけでも臨戦態勢にしたいのですが、明らかに練習不足の今年は目標の立てようもないというのが現実です。

直会(なおらい)が生まれ、妻の退院が金曜日になりそうなので、参加を見送る決断もありましたが、妻の「サロマはわが家の年中行事だから」の一言で、参加することにしました。友人からも「奥さんが戦ったんだから、次はむうさんの番ね」などと言われ、逃げ隠れできなくなりました。

なかなか走る時間を見つけることが難しいのですが、きょうは久しぶりに伏見の明治天皇陵まで宇治川べりを往復走。1時間20分かけて、15.0キロでした。今月累計で127.2キロ。

ブログ100622①.JPG

さて、かの雑誌「ランナーズ」で8月号から連載を始めることになりました。関西のランニング情報で構成する「若ちゃん情報局」のなかで、1ページ頂いて、「京都の記者 むうさんのコラム」というタイトルで載っています。第1回は「鯖街道ウルトラマラソン」について書いています。

若ちゃんこと若林順子さんとの掛け合いが、4コマまんがになっていて、漫画家さんに描いて頂いたわたくしの様子のグロい感じがなかなか気に入っています。

若ちゃんが「つっこみ」で、僕が「ボケ」ですが。

編集者のT田さんには「ブログみたいに柔らかく書いて頂いていいんですよ」と言われており、あとは文体をいかに崩して、面白くするのかが問われるんでしょうね。せっかく、頂いたチャンスですから、おもしろくしていきたいと思っています。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「支局長からの手紙」を連載することになりました [メディアのこと]

宇治での仕事も2週目に入りました。相変わらず、あいさつに駆け回っております。

さて、毎日新聞の地方版には毎週月曜日朝刊で「支局長からの手紙」という、支局長のコラムが掲載されます。宇治、城陽、八幡、木津川など京都府南部の山城地域に配られる「京都学研版」にも、きょう月曜日の朝刊から私のコラムが掲載されることになりました。これから毎週です。

ブログ100405①.jpg 

で、第一号の「支局長からの手紙」は僕の簡単な経歴と、走る趣味があって、異動が決まる前の「木津川マラソン」でペースランナーを務めたこと、転勤族にとって走る趣味は新しい土地の人と接し、植物や史跡と接し、なじみのお店を探すうえで、うってつけの趣味であることなどをつづっています。

きょうは、たまたまあいさつに行った宇治市長や、記者会見がで出会った同業他社の記者に「読みましたよ」なんて言われて、まあ、なんて恥ずかしい。

2年間、ここに勤務するとした場合、読者に対する「手紙」はおよそ80通ほど。どれだけの新しい出会い、体験、驚き、喜びをつづっていけるのでしょうか。感情や顔が見える「手紙」を目指したいと、考えています。時々は日々のランニングや、レースのことにも触れたいなぁ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金哲彦さんのマラソン人生に、泣き笑いしたインタビューでした [メディアのこと]

火曜日に東京まで出張し、マラソンの解説者で知られる金哲彦さんにお会いしてきました。3月半ばの毎日新聞大阪管内の夕刊に掲載される「春を走ろう」という特集紙面の取材でした。金さんは新刊の「走る意味」(講談社現代新書)が話題で、是非お会いしたかった人でした。

ブログ100302①.JPG

金さんは僕と同じ昭和39年生まれで在日韓国人三世。早大時代に箱根駅伝の山登りのスペシャリストとして、4年連続で5区を走られました。うち区間賞が2回です。卒業後は就職したリクルートに陸上部を創設され、後に名門となる基礎を築かれました。

選手としては、バルセロナ五輪の韓国代表を目指した92年の東亜マラソン(韓国)で2時間11分48秒の自己ベストを記録しながら、6位で代表の座を逃し、この後は有森裕子さんらのコーチを務め、指導者の道を歩まれています。

リクルートの休部後は、NPO法人「ニッポンランナーズ」の理事長として、市民ランナーの指導にあたられていますが、06年に大腸ガンで大手術を受けられ、その後は転移の恐怖に打ち克ちながら、3年後の09年つくばマラソンで、ご自身として6年ぶりのサブスリーを達成されました。

苦あり楽あり、いろんな人生の局面を、走ることを通じて乗り越えてこられただけに、「マラソンを通じて、生きる意味を知った」という言葉に説得力があります。インタビューしながら、お約束していた1時間余りの時間が過ぎ去ってしまいました。

「別大を目指したい」という僕にも、インターバルの方法などアドバイスを頂きました。でも、金さんは福岡国際を目指すそうです。多分、今年の雑誌「ランナーズ」一歳刻みランキングでは、「45歳」で金さんのつくばのタイムと、僕の泉州国際のタイムが同じくらいの順位で掲載されるはずです。。

それから「走る意味」。泣きながら、笑いながら読みました。お薦めです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

森脇健児さんの「ひと」が毎日新聞に掲載されました [メディアのこと]

テレビ「走る男Ⅱ」で活躍中の森脇健児さんを7月初め、松竹芸能に訪ねて取材しましたが、
それを記事化した「ひと」が木曜日(20日)の毎日新聞朝刊(←リンクしてます)に掲載されています。

森脇さん、マネージャーの紀井さん。早くにアポを入れて頂いたのに、長くお待たせしてしまいました。

6月のプーケットマラソンでご一緒し、ホテル近くの海の家で何度もご一緒させていただいて、
森脇さんの人生観に惚れました。昨年4月から1年間、日本縦断を描いた「走る男」。
放送後に発刊された単行本(竹書房刊)を読むと、90年代に売れっ子タレントだった森脇さんが、

その後どう生き、そして40代のいま「走る男」にどう取り組んでいるのかが記されています。
帯には「走る男の敗者復活戦」とあります。40代半ば、ある意味「敗者」でない人はない。
20代、30代に描いた夢は破れ、挫折を経て、誰もが生活の中で軌道を変えながら生きている。
ブログ090820①.jpg
(写真は7月某日、大阪・湊町の松竹芸能本社で)

森脇さんが言うに、一番うれしいのは同年代の人に共感を持ってもらえることだそうです。
ある時、同じ40代の男性に「僕がやりたいこと、実現してくれてる」と声かけられたそう。
アイドルだった時と違い、地に足が着いたスタンスで中年の夢を体現しているということでしょうか。

記事にもありますが、森脇さんの「走る男Ⅱ」は京都をスタートし、北陸、東北、北海道、
そして四国と進み、沖縄を経て、現在は九州・宮崎の収録中。放送は四国のさなかです。

僕自身も40代になって始めた「走る」というひっかかりで、森脇さんを含む多くの人たちに、
お会いできたのが嬉しい。だから、番組に登場するいろんなランナーを見ていると楽しい。

「大ブレイクなんていらない。マニアに愛される番組でいい」というスタンス、心から応援したいです。



人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「レディスポ」創刊号発刊されました [メディアのこと]

このブログでは仕事のことはほとんど書いていないのですが、きょうはそれを逸脱致しまして…。
わたくしが勤める新聞社で、「スポーツを題材とした女性向けフリーペーパーを」という、
話が出たのはもう半年も前でしょうか。厳しい経済事情もあり、先送りになっていたのですが、

このほど完成し、5月27日の毎日新聞夕刊(京阪神地区)に折り込まれました。

これ以外に、東急スポーツオアシス(関西、関東)、ティップネス(関西)のスポーツクラブほか、
阪急百貨店イングス館、スポーツタカハシなどのスポーツ店でも置かれています。
ブログ0601①.jpg
ブログ0601②.jpg
カバーページと巻頭はJリーグ神戸の宮本恒靖選手のインタビュー。次いでヨガ、ゴルフ情報ほか、
私が担当したのはランニングのページ。「ランママ」こと佐藤光子センセーのインタビューと、
阪急イングス館(大阪・梅田)で見つけた、すてきな女性用のランニンググッズを紹介しています。

佐藤センセーとの取材でぼくが感動して、実際に記事でも核心の部分を占めているのは、
センセーが大阪国際女子で記録が伸び続けている時に(ベストは43歳の時の2時間47分台)、
「記録が出なくなった時に、本当に走ることが好きでいられるだろうか」と不安に感じた、というところ。

これは、初心者の女性向けのお話というよりは、相当マニアックな話だとも思うんですけど。

でも、トレイルにはまり始めた時、「これなら、ずっと楽しめる」と確信に近いものを感じたとか…。

実際に過去に11回も参加してこられた大阪国際女子も、今年は欠場されて、
「もう大会なんか出なくても、素直に走ることが楽しいと思えるようになったかな」ですって。
記録、記録と、ばたばたあがいている僕にとってみれば、まるで仙人のような領域です。

ま、実は創刊号とはうたっておらず、次の発刊予定は未定という状況なんですけど、
もしお立ち寄りの場所で見かける機会がおありでしたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

                         ♪

サロマまであと4週間。洞爺湖からの両足の太もも裏の張りが取れず、2日続けてランを休みました。
カープは5年ぶり6連勝。マクレーンは入団初戦以来の2号。借金完済まであと1勝です。
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いいなあ…NHKドラマスペシャル「白洲次郎」 [メディアのこと]

いまやブームの白州次郎、正子さんご夫妻。遺品展やらドラマ化やら大変な騒ぎです。
次郎さんのことは最近多くを知ったのですが、妻正子さんはもう十数年来のファンです。

もともとは、ぼくの故郷でもある近江の古寺、仏像、民俗などを愛情たっぷりに描かれた、
「近江山河抄」に90年代の半ばに書店で出会ったのが、著作との出会いでした。

その後、「西国巡礼」「私の古寺巡礼」「かくれ里」(いずれも講談社文芸文庫)を読みふけり、
そういえば…、結婚する前に僕が妻に最初にプレゼントした本は「近江山河抄」でした。

思えば、自らのふるさとの素朴さ、尊さを再発見できたのは彼女のお陰でした。
昨年のお正月に妻、母親と一緒に訪れた湖北の「菅浦」などはその代表格ですが…。
ブログ0309①.JPG
ところで、そのお二方を描いたNHKドラマスペシャル「白洲次郎」。関心深く見ております。

昭和史を飾るキーパーソンでありながら、人格や業績を裏付ける史料は既にありません。
彼の功績、陰で見てきた人達の多くはもう亡くなられ、正子さんも他界されています。

英国仕込みの紳士道を振りかざして、どう局面を切り開いていったかという核心の部分は、
フィクションにならざるを得なかったと思うのですが、なかなかリアリティーがありました。

新憲法制定に向けての課程で、次郎は近衛文麿に愛想をつかし、それでも彼を守ろうとし、
一方で、「戦争に負けても、交渉で勝て」という吉田茂の要求を、
GHQとの交渉の現場で着実に発揮していった場面などは、見応えがありました。

次郎さん役の伊勢谷友介、正子さん役の中谷美紀の演技もお見事でした。

多忙になる夫の陰にあって、家事や子育てには自分の役割が見いだせない正子が、
骨董など新しい境地を開いていきつつも、自己嫌悪に陥る場面なんぞ、なかなかよかった。

しかし、NHKさん。3回連続のドラマを、2月28日、3月7日に上編、中編を見せておいて、
下編が8月放送予定というのは、ちょっと離れ過ぎじゃないですかあ。ああ待ちきれない。

                       ♪

ところで先日ご紹介した、1月24日の「マラソン日本上陸100年シンポジウム」。
紙面掲載は大阪本社管内だけでしたが、「毎日jp」で全文掲載されていました。
前編、そして後編という構成になっています。関心おありの方、是非見て下さいね。
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マラソン上陸100年記念シンポ特集が掲載されました [メディアのこと]

さて、本日木曜日の毎日新聞朝刊(大阪本社管内版)に、1月24日に行われた
マラソンシンポ「走る楽しみ、見る楽しみ」の模様が2面にわたって詳報されています。

シンポジウムにお招きしたのは、メキシコ五輪銀メダリストの君原健二さん、
作家の甘糟りり子さん、NPO「東京夢舞いマラソン」理事長の大島幸夫さん、
大阪産業大の田中史朗教授の4人。ぼくはコーディネーターを務めさせて頂きました。
ブログ0226①.JPG
ブログ0226②.JPG
大阪毎日新聞社主催の神戸大阪間20マイル走(1909年)から100年の記念行事でした。

まことにお恥ずかしながら、4人に加えて、ぼくのプロフィールまで載っています。
「なんで、コーディネーターだけ、フルマラソンのベスト記録が入っているんだ」という、
ご批判があればお受けいたします。ほかに僕がここに登場する理由がなかったので…。

内容は読んでいただくしかないのですが、大阪本社管内でない地域の方々には、
「プロフィール」のメールアドレスあてにご住所をお教え頂ければ、掲載紙をお送りします。

改めて読み返してみると、拙い進行だなあと思ったり、「あれ聞けばよかった」と思ったり。
進行が精一杯で皆さんのお話をよく聞いていなかったな、と改めて反省しています。

                       ♪

けさは3日ぶりのラン。武庫川河川敷を宝塚市役所往復。1時間48分かけて20.4キロ。
今月累計は371.4キロ。体重は70.4キロ。昨夜あたりから大阪は寒さが緩みました。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - メディアのこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。