So-net無料ブログ作成
スポーツノート ブログトップ
前の10件 | -

堀端君の走りに男子マラソンの可能性を感じた [スポーツノート]

のろのろ台風12号の被害は想像以上に大きかったようで、4日午後6時現在で18人が死亡、43人が行方不明だとか。紀州口熊野マラソンでたびたび訪れた和歌山県田辺市や、昨年の「小辺路ラン」で訪れた奈良県十津川村の被害が大きく心配しています。

台風接近で風が強くなった木曜日から朝ランはお休みでした。雨か降っているだけならいいのだけど、風が強いと臆病者の僕にはちょっと怖いので。で、きょう日曜日は世界陸上の男子マラソンを見終わった後、4日ぶりに走りに出ました。

途中から大雨に振られ、びしょびしょになりましたが、気持ちよく自宅から天ケ瀬ダム、宇治上神社、万福寺、隠元橋までの往復を走ってきました。10キロ過ぎからペースを上げて、気まぐれですがビルドアップ走でした。27キロを2時間半、体重は71.0キロ。

さて世界陸上の男子マラソン。堀端君と中本君のびわ湖毎日選考組のふたりのレース展開は、トップの選手との実力差を考えると、現実的でクレバーなレースメークだと感じました。20キロでキロ3分10秒から2分50秒までペースアップした先頭集団に無理しないペース(3分ちょい)でついていき、30キロ過ぎから落ちてくる選手を拾っていく。

ブログ110904①.jpg

アフリカ選手の得意なペースの上げ下げに惑わされず、自分のペースを信じてレースを組み立てる。ペースアップで振り落す戦術が高度化している現在のマラソンでは、「これは意外に対応できるかも」と感じさせてくれたレースでした。

優勝したキルイ(ケニア)の驚異的なペースには届かないとしても、銅メダルのリレサ(エチオピア)までは1分20秒。メダル狙いなら戦略次第で届くのかも、と感じさせてくれたきょうのレースでした。

期待の川内君は序盤、トップ選手の上げ下げにつきあすぎたかな。走りもプレッシャーのせいかちょっと硬いな、と感じましたが、終盤の粘りはさすがでした。

それにしても、選考レースは日本国内のレースではなく、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなど世界トップランナーが出場するレースにして、その戦い方で実力を見極めることも重要かもと思いました。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「昭和」っぽい堀端君に、マラソン男子の未来を感じました [スポーツノート]

3月に入って走れない日々が続いていましたが、きょうは久しぶりに25キロ走。びわ湖毎日マラソンのテレビ観戦を終えた後、小雨が降る中を万福寺、伏見桃山城、天ケ瀬ダム、平等院を経由する25.0キロ。体重は69.0キロ。2週間後にハーフがあり、練習の質を高めたいと思います。

それから、わたくし一昨日に47歳になりました。50代もいよいよ見えてきました。

                              ♪

さてそのびわ湖毎日マラソン。堀端宏行選手(旭化成)が2時間9分26秒で3位。日本人トップで9分半切りの文句なしの世界選手権代表権獲得でした。東京マラソンに続いて、サブテンランナーが2人。世界選手権のマラソン代表は5人ですが、このままだと、アジア大会銀メダリストの北岡幸浩(NTN)と東京、びわ湖のサブテンランナー4人というのが順当でしょうか。

実力ある実業団ランナーの尾田賢典(トヨタ自動車)30歳、中本健太郎(安川電機)28歳に加えて、24歳の堀端、そして23歳の市民ランナー川内優輝(埼玉陸協)となかなかいい構成ではないでしょうか。

堀端君は186センチと大柄なのに、走りが大きくて柔軟なのに驚きました。今井正人(トヨタ自動車九州)と接触して、大きな体が揺らいで、5、6メートル遅れた時は「これまでか」と思いましたが、歯を食いしばりながら今井をかわし、さらに前のケニア選手を追っていく姿が素晴らしかった。

ブログ110306①.jpg

堀端君は「接触があったから、負けないぞと前を追っていけた」と言っていましたが、まったく川内君に共通する気迫を感じました。それだけに最後まではらはらしましたが。

一緒にテレビ観戦していた妻は、堀端君のぼさぼさの髪型が気になって仕方なかったようですが、スマートな選手が多い昨今、なんとなく「昭和」っぽい2人のランナーの内定確定は、いまの実業団ランナーに何が欠けているかを皮肉っぽく暗示しているのではないでしょうか。

期待していた秋田工業高出身の佐々木悟君(旭化成)は25キロ付近で遅れて、2時間12分台でした。でも自己ベスト。まだ若い。再起を期待しています。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京マラソン、川内優輝選手の死闘に涙が出た [スポーツノート]

マラソン中継って、実は最後の最後までどきどきすることって余り多くはないのだけど、きょう日曜日の東京マラソンは違いました。埼玉陸協所属の川内優輝選手(23)。36キロあたりから尾田賢典(トヨタ自動車)に食らいついて、40キロ手前でかわすと、最後は死力を振り絞って逃げて、2時間8分36秒。見事なレースでした。

月間走行距離は実業団の選手よりはうんと短い600キロとか。「市民ランナーでもやれるところを見せられた」。練習次第では市民ランナーでもこのレベルまで行けるというのがすごい。

ブログ110227①.jpg

学習院大時代に学連選抜で箱根駅伝を走って、4年の時に区間3位。普段は埼玉県立春日部高校定時制の事務職員で、実業団の誘いを振り切ったのも「地域振興にかかわる仕事をしたい」という思いがあったから、とか。世間を驚かせた昨年の東京のタイムからさらに4分も縮めました。

日本陸連の澤木啓祐専務理事は「「(実業団選手には)ショック療法になる」と。本当にそうです。チームも選手も駅伝ばかり。マラソンにいく逸材を見いだせない現状をこれほどわかりやすく示した例はないでしょう。

ところで公務員の川内選手は無事に世界選手権に行けるのでしょうか。「上司と相談しなければならないが、なんとか有給休暇を取らせてもらえるんじゃないかな」とコメントしていますが、事前の入念な調整も必要だからすぐに有給休暇などなくなっちゃうのでは。

でも、いつも通り、金曜日まで仕事をして本番に臨んだ方がよかったりもして。

                            ♪

東京マラソン出場のみなさま、お疲れ様でした。

宇治では宇治川マラソンがあり、ハーフに妻が出場しました。09年9月の秋田100キロウルトラ以来、1年半ぶりの大会でした。関門が厳しいことで知られる大会ですが、スタートから60分の10.5キロ関門を数秒の差で通過できず、あっさりと途中リタイアでした。

「6キロあたりからリズムに乗ってきて、前のランナーを次々抜いていったところだったのに」と嘆いていますが、ま、マラソンは完走しないとどんな言い逃れも通用しません。

練習不足は明白で、レース前1カ月で10キロ起伏走が3回ほど。時間をつくってあげられなかったのは僕の責任です。次の挑戦はあるのでしょうか。様子を見て聞いてみようと思います。

ぼくは夜、JR宇治駅、宇治橋、黄檗の都計道路を2往復13キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

案の定、ロードレース観戦三昧の三が日でした [スポーツノート]

ニューイヤー駅伝と箱根駅伝の往路、復路をパーフェクトでみてしまったお正月でした。どちらもおもしろかったけど、ニューイヤーの4区、箱根の5区、6区、10区がおもしろかった。

ニューイヤーの4区は佐藤悠基に序盤で抜かれながらも、終盤までつばぜりあいを続けた佐々木悟と藤田敦史の勝負が見ごたえがあったし、箱根5区の柏原君は伊勢で不本意なレースを見ていたので、「つぷれても行く」という鬼気迫る決意が走りからも見て取れた。

ブログ110103①.jpg

でも箱根復路では、逆転が最高の見せ場だと思っていた駅伝で、監督の戦略と選手の頑張りががっちりとマッチするとこうも強いものなのかと、早稲田のレース運びを見ていて思いました。

個人的には東洋の3連覇を信じていたんですがね。

9区から10区への鶴見中継所で40秒差。25秒差まで詰まった八ツ山陸橋で渡辺監督の中島への指示は「20秒差までは構わない」だったそうです。(実況放送による)

つまり20秒までは詰められても構わない。最初の10キロでキロ2分ずつ詰められても、そこから粘って逃げ切れれば勝てる、と。つまり最初の余裕を、終盤に生かしきる。ただ20秒以内に詰められると相手に勢いを与えてしまうから、この差は死守する。

ただこんな計算通りのことができるものかと思うけど、これを可能にするのが普段の練習なんですよね。事実、中島は20秒差を最後まで守り切った。すばらしかった。

8、9、10区と東洋は3連続区間賞で意地を見せたけど、早稲田の冷静なレース展開と戦術、監督にこたえようとする選手のマインドが上回っていた。それが21秒差の勝利につながったのかな、と思いました。

元日、2日と残雪のため走れず、3日の箱根復路を見た後、ジョグよりちょっと速めのペースで25キロ走でした。自宅から立命館宇治、城陽陸橋、木津川左岸河川敷までを往復。正月を経て、気になっていた体重は71.8キロでやや減らしました。

70キロまで減らしたら、別大完走は間違いなくいけると信じて、最後一か月を過ごすことになります。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体操の田中理恵ちゃんにしびれました [スポーツノート]

なかなか注目度が高いとはいえない広州アジア大会ですが、深夜のダイジェストはチェックしています。で、目を奪われたのは体操女子の田中理恵ちゃん。体操では異例の23歳で、このルックス、プロポーションは反則だろ、と言いたくなるくらい心を取り乱してしまいました。

untitled.jpg

フィギュアや、バレーボール、陸上とか、美女アスリートがある程度は当たり前になっている世界ではこれほど驚くことはなかったのだろうけど、体操では日本も中国も海外勢も問わず、体型が幼いうちに技の完成度だけを競う…というイメージが強かった、というのが主流だったはず。

それに体操の世界では、大人の体型では技の習得はかなわないと見る方まで刷り込まれてきたのに…。なのに、理恵ちゃんはその「常識」を覆してしまったのでした。

ルックスに加えて、笑顔がとても素敵で、失敗した演技も含めて(というと美女なら失敗してもいいのか、ということになるけども)、もっと見てみたいと不覚にも思ってしまいました。

和歌山の高校時代はけがで注目を浴びなかったそうです。今年の全日本選手権は4位でしたが、2位、3位の選手が15歳未満で、世界選手権代表から除外され、選考会のNHK杯で選考順位3位となり、世界選手権では団体5位入賞に貢献したそうです。

世界選手権では最も美しい演技で観客を魅了した選手に贈られる「ロンジン・エレガンス賞」を受賞したとか。この賞を受けたのは、2007年の冨田洋之以来日本人では2人目だそうです。

年齢ゆえに過去に競技生活続行をあきらめたこともあるのだとか。アジア大会の活躍でロンドン五輪に向けて期待は高まっているはずでしょうな。体操女子に新風を送るのは確実なようです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小雨に煙る「びわ湖」に来ています [スポーツノート]

土曜日から会社の事業でもある「びわ湖毎日マラソン」の取材チームの一員として大津市に来ています。今朝は宿泊していたプリンスホテルの周辺をジョグしてきました。小雨が降る中を、浜大津と膳所城址の間を1時間1分かけて、10.4キロ。湖岸の大好きなコースです。

NHK解説者としていらっしゃっている金哲彦さんにもお会いできました。

ホテルで昨夜、選手が参加できるパーティーがあったのですが、そこに顔を出しました。選手とご夫人が参加されている様子がなんとも微笑ましくて、雰囲気を堪能してきました。

ブログ100307①.JPG

ぼくにはどうあがいても、雲の上の大会ですが。

大会パンフレットを見てみると、一般参加200人のうち、45歳以上はわずか3人。最高齢は48歳でした。実業団選手の割合がほかのエリートマラソンと比べても多く、さすがに「日本選手権」ですな。

これから、皇子山陸上競技場内のテレビでレースの模様を観戦いたします。気温は8度。小雨ですが、昨年の大会と違ってほぼ風はありません。好タイムが期待できそうです。

個人的には佐藤智之選手に福岡の失敗レースの雪辱を果たしてほしいです。

【追記】ハーフ地点過ぎの海外選手の仕掛けで集団がばらけ、25キロ過ぎてツェガエ選手が飛び出しました。第2集団で勝負どころをうかがっていた佐藤智之選手が、その後も冷静にレースを進め、2時間10分7秒で日本人1位。サブテンはならず残念でしたが、福岡の雪辱は果たせました。

競技場で力を出し尽くした選手達を見ていると、シーズン中にもうひとレースしたくなりましたが、残念ながら、それもかないません。選手の皆さん、お疲れ様でした。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小林範仁君と阿部雅司コーチに涙がこぼれそうだった [スポーツノート]

バンクーバー冬季五輪は大会3日目となりました。個人的に、このオリンピックで注目しているのは、ノルディック複合の小林範仁君と、阿部雅司コーチ、それからクロスカントリーの夏見円さんと、スピードスケートの及川佑君、カーリングの近江谷杏菜ちゃん、そしてジャンプの岡部孝信さんです。

その小林君と阿部コーチが、きょういきなりやってくれました。個人ノーマルヒルで、秋田出身の小林君が、ジャンプの58秒のタイム差を取り戻して、距離(10キロ)の4周目の半ばで外国の強豪を抑えて、スパートをかけてトップに立った時は涙が出そうでした。

ブログ10015①.jpg

その時にちょうどコース脇にしたのが阿部コーチ。小林君はその後、疲れて順位を下げて、残念ながら7位でしたが、個人種目では2大会ぶりの入賞です。「行け行けとハートが言ってた」。阿部コーチも「どこかで目立ってくれると思っていた」。この瞬間をテレビで見ただけでも幸せでした。

阿部さんは94年リレハンメル五輪の団体金メダリストです。実は僕のラン友でもあり、札幌時代はよく酒席でご一緒しました。合宿や遠征のときに少しでも時間を見つけて、ランニングをしておられ、年に数度のレースではきちっと2時間50分前後で走られるところが男前なんです。

6839909.jpg

なんでも、本人の弁によると、金メダルをとった時よりも、サブスリーを達成したときのほうが、達成感があったのだとか。そんなことありえないけど、でも面白いですよねぇ。

阿部さんは日本のエース格だった92年アルベールビル五輪で、団体戦の前日にメンバーから外された辛い経験があります。悔し涙があふれたそうですが、「チームの雰囲気を悪くするわけにはいかないので、黙々とワックステストなど裏方に徹した」そうです。

そのときに日本は金メダルを獲得しましたが、阿部さんは「とてもじゃないけど素直に喜べる心情ではなかった」といい、奥さんに引退する決意を語られていたそうです。

でも、その直後に奥さんが妊娠したと聞かされ、再び競技に挑む気持ちになったとか。そして、2年後のリレハンメル五輪で、団体戦メンバーの一員として、見事に金メダルを獲得されました。

この時のセレモニーでチームメートだった荻原健司さん、河野孝典さんは真っ先に阿部さんを肩車で持ち上げたんです。チームメートも阿部さんに金メダルを取らせるための戦いだったわけです。

そんなことを思い出して、きょうのレースは涙がこぼれそうでした。ノルディック陣にはメダルの期待がかかる団体と、個人ラージヒルがあります。僕自身も泉州国際マラソンを前にした、ハートが微妙な時期ですが、涙腺が緩む時期がしばらく続きそうです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif

 


nice!(2)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国母君の服装問題、そもそも大騒ぎすべきことなのか [スポーツノート]

バンクーバー五輪が開幕しました。ぼくはこの間、会社にほぼ缶詰め状態になって、現地から送られてくる原稿や、出来上がってくる紙面をチェックする役回りです。ところで、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)の代表、国母和宏君の成田出国時の服装が大問題になっています。

オリンピック開幕前のこの時期に、ま、スポーツ紙などに格好の「えさ」にされてしまったような形ですが。一般紙では反応が分かれ、「けしからん」調の読売や産経と比べ、毎日などではかなり抑え気味の扱いになっています。 

ブログ100213①.jpg

日本代表選手団の橋本聖子団長はきょう12日、全日本スキー連盟(SAJ)から出場を辞退させる申し入れがあったことを明かした上で、国母君を予定通り出場させることを決めたようです。

SAJが決断した背景には、この問題が新聞で報じられてから、SAJや彼が在学する東海大に寄せられた数百本の苦情電話があったようです。事業仕分けが問題になるなか、政府やスポンサーに対する配慮もあったんでしょうね。

さすがに朝青龍の問題では、かつてファンだった僕も「かばいきれない」と思ったのですが、今回のケースはどうなんでしょう。どうも日本人全体の雰囲気が非寛容に向かっているとしか思えません。

オリンピックというのはそもそも民族や、人種、思想や政治体制を超えた「寛容」がテーマのスポーツの大会ではないのでしょうか。

きょうの毎日新聞夕刊でスポーツライターの谷口源太郎さんが「五輪は国家間のメダル争いではなく、スポーツを通じた参加者の相互理解が目的。JOCに『日の丸の重みがわかっていない』といった批判が寄せられているのは筋違い」との談話を寄せていますが、まったくの同感です。

橋本団長は「スタートラインに立たないのは逆に無責任。本人が強い思いをぶつけてきたし、競技で自分らしさを発揮することで責任を全うしてほしい」と説明しました。これには、さすがアスリート、と喝さいを送りたくなりました。

国母君は五輪直前に世界トップ選手が集う、ウインターXゲームで表彰台に上った(3位)ほどの逸材。07年の世界選手権でも2位に入っています。 前回のトリノ五輪当時はまだ北海道の登別大谷高校の生徒でした。この批判をばねに、ぜひその実績を本番で披露してくれることを祈っています。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小刻みな上り下りと、いつ吹くか分からない風…横浜国際女子マラソン [スポーツノート]

横浜国際女子マラソンの出場された皆さん、お疲れ様でした。招待選手と一般参加選手を合わせてエントリーは453人、実際に走った人数はわかりませんが、完走はわずか273人でした。

ブログ091116①.jpg 

すべてが、例えばフルで言うと公認コース「3時間15分」を切る実力を持っているわけで、そのうえで完走率が6割強なのですから、コースのタフさ、そしてきょうの条件の厳しさがうかがわれます。

そんななか、ヌデレバを抜いて、2位に入った嶋原清子さん、ランナーとしての強さを感じました。

友人たちのタイムを見ていると、おおむね標準プラス5~8分というところでしょうか。出場した近しい友人によると、「小刻みなアップダウンとS字、いつどこから吹くか分からない強風で、がっちりした人が完走して、スピード系できゃしゃな人が完走できなかったのでは」と分析していました。

女子のエリート3大レースである大阪、名古屋と比べても、一番タフなコースとしてランナーたちの記憶にインプットされるのはどうやら間違いなさそうです。

ところで、これは予想されたことでしたが、レース開始からテレビ中継はトップ集団を追うだけで、一般参加のランナーに触れる気配すらありませんでした。東京国際女子では、松田千枝さんや長谷川理恵さんを映すなどの配慮もありましたが、この構成、なんとかならんのか、と苛立ちました。

言うまでもありませんが、横浜国際女子の参加資格を持つということは、それぞれの地域、職域では大変なレベルのランナーたちで、注目度も高いはず。

このランニングブームのなか、働きながら、一定のレベルを維持している話題性がある女性を取り上げるのは、陸連にとっても、主催放送局にとっても、スポンサーにとっても、意義があることだと思うのですが…。記念すべき第1回大会なのに、ちょっとがっかりもしました。 

                           ♪

レースを見終わった後、武庫川河川敷を走りだしました。左岸をさかのぼり、宝塚大劇場、宝来橋を経て、右岸を阪神高速まで下って、国道2号に戻って、名神高速まで行って自宅に戻ってきました。2時間43分かけて、30.1キロ。今月累計は330.8キロ。体重は69.2キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。

banner_21.gif


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニュージーランドでサッカーボールを追っていたころ [スポーツノート]

土曜日にあったサッカーワールドカップの大陸間プレーオフで、オセアニア代表のニュージーランドがホーム(ウェリントン)でアジア5位のバーレーンを破って、なんと7大会ぶり28年ぶりの本大会出場を決めました。心から「おめでとう」の言葉を贈りたいです。

20091114-00000054-jijp-spo-view-000.jpg 

ニュージーランドは僕にとって、第2の故郷です。僕の第2の故郷は、ニュージーランドのほか、大阪、埼玉、秋田、北海道といろいろあるのですが…。ウェリントンは、96年秋から1年間、その郊外で小学校、中学校の日本語教師としてボランティア教師を務めた思い出の土地です。

その小学校でぼくは、先生達に頼まれて、サッカークラブのコーチをしていました。と言っても、することは昼休みに子どもたちとサッカーボールを追いかけることでしたが。でも、時々コーンを置いて、ドリブルやシュートの練習なんぞ、していましたねぇ。

この国のメーンの球技はラグビーですが、ラグビーは学校以外に地域のクラブが存在していたのですが、サッカーは地域クラブもなく、学校のクラブ活動がすべてでした。

そのときの教え子達はいまは20代です。まさか、代表にメンバーがいるわけはありませんが、この日ウェリントンの競技場を埋めた観客の中には、きっと彼らがいたはずです。

ラグビーの代表チームは「オール・ブラックス」ですが、サッカーの代表チームの愛称は、真っ白なユニホームから「オール・ホワイツ」。シダをあしらった黒いラインが粋なデザインです。

引いて守って、カウンターから速攻で攻め、ロングボールを放り込むという古典的な戦法のチームですが、本大会では旋風を巻き起こすことができるんでしょうか。楽しみです。

土曜日は午前中に武庫川河川敷を尼崎魚釣り公園、阪急神戸線ガード往復19.6キロ。今月累計は200.6キロ。体重は68.8キロ。この週末走り込んで、木曜日あたりから休養に入ります。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。

banner_21.gif


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - スポーツノート ブログトップ
メッセージを送る