So-net無料ブログ作成
2011別大初挑戦 ブログトップ

前後に友人がいたせいで粘れた…別大完走記【下】 [2011別大初挑戦]

実はレース前にミッションが二つありました。ひとつは勤務先で、主催者でもある新聞社の「完走記」の執筆。もうひとつは連載している「ランナーズ」のお仕事。もちろん、ともに「完走」が条件ですから、レース終盤に入ると、その責任を果たせるかどうか、精神的なやりとりが始まります。

10キロ近く直進してきた幅の広いl臨海産業道路とは、32キロで別れを告げます。ここで向かい風も終わり。雲が出てきて日が陰り始め、給水で濡れたグローブは冷たさを感じるようになりました。

img_map.jpg

加えてひどり肩こりと空腹感。前日に20キロ近い大型バックパックを背負っていたのと、減量を優先させて、前日を除いて1週間前からろくにおまんまを食べてなかったから仕方がありません。

右折して、いったん南に向かい、すぐに右に折れて西に向かいます。道路幅は急に狭くなり、ペースは落ちているのにスピード感を感じ始めました。再び臨海産業道路に戻って、すぐの35キロ地点は2時間34分55秒(23分57秒)。西中浜交差点が妻となおらいの最後の応援ポイントでした。

まもなく大分市営陸上競技場の照明塔が見えてきますが、ここは左手に見ながら通り過ぎます。トップランナーの勝負のポイントとされる弁天大橋の坂を上って下りて、再び中心市街地に戻ってきました。

前後に友人が走っているから、みっともないペースダウンはできない、と最後のむちを打ちます。

38キロ手前を左折して、いったん南に向かい、すぐに国道197号を東へ。大分城を左手に見ながら、すぐに40キロ地点で3時間0分7秒(25分12秒)。いよいよキロ5分を越えてしまいました。

ペースは上げられないけど、気持ちは楽になりました。まもなく舞鶴橋の坂を上って、橋の西詰からは競技場の照明塔がはっきりと見えます。橋を渡り切って左に折れ、競技場に駆け込むとトラックをほぼ一周してフィニッシュです。

DSC00387.JPG

競技場には当然ながら勤務先の関係者が大勢いて、拍手で迎えてくれました。グロスタイムは3時間11分20秒(11分13秒)。10分を切れなかった悔しさより、「どうやら最低限の責任が果たせた」という気持ちで、このときは両手をあげて、笑顔でゴールしました。

ゴールしてからは多くの友人たちと健闘をたたえあいました。カテゴリー別に分かれている荷物受け取りと着替え場所で再び友人たちと話し、出てきたときはレースは終わっていました。

余談ですが、カテゴリー2の着替え場所は陸上競技場2階の室内練習場でストーブ付きであたたかく、カテゴリー3は競技場に隣接する高校の体育館でストーブなどありません。この大会、全体を通して存在するこういう微妙な「差別」が、なんだかランナーを刺激するんですよね。

レース後は会社の出先の支局に出かけて、翌日の夕刊用に完走記を書きました。なにしろ早く飲みたいから、原稿のスピードの速いこと。書き終えた後は「チーム・サボテン」の盟友、札幌のツーツーさんと大分料理を満喫し、さらに屋台で飲み続けて午前様でした。

                             ♪

なかながと読んでいただき、ありがとうございました。実は「憧れの別大なのになぜ、サブスリーを目指せるレベルまで持ってこれなかったのか」と悔しさばかりでした。

ここから何を目指すかははっきりしています。9日後に迫った泉州国際でまず3時間5分を目指すこと。そして急きょ参戦することにした5月22日の洞爺湖マラソンで15カ月ぶり、5回目のサブスリーに挑むことです。

来年の別大の資格がどうなるかは知る由もありませんが、仮に今年通りだったとすると、昨年の泉州国際のタイムがまだ生きているので「カテゴリー2」で参加できます。でもこれに甘えないよう、厳しくあと3カ月ほどのシーズンを送りたいと思っています。

きょうは太陽が丘、城陽署、城陽郵便局、太陽が丘、白川、平等院、宇治橋通りの17.0キロを1時間35分でした。今月累計は97.5キロ。体重は71.0キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震で波打つ高速道路を想像しました…2011別大完走記【中】 [2011別大初挑戦]

レースは15キロを過ぎて、中盤に入ってきました。西別府駅を過ぎると再び左側に別府湾を望む別大国道(国道10号)のシーサイドラインに入ります。片側3車線になった別大国道は高速道路並みのバンクが施されていて、この傾斜はランナーには負担になります。

以前の大分市営陸上競技場発着で、別府観光港折り返しとしたコースの場合、この険しいバンクをレース終盤で迎えてしまいます。コースが昨年から新しくなったのは、各チームの監督さんによる苦情があったのだとか。

実際に走ってみた場合、「どんなに険しいのか」想像もつきませんでした。実はこのシーサイドは風景も美しいので楽しみつつやり過ごして、24キロからの大分市街地に備えようと思っていました。

これが甘かった。ぼくのように体重が重いと自重も生かして推進力をつくり、鉄道を走る列車のようにまっすぐ進もうと意識しているのですが、左右に大きな傾斜があるのでどうしても低い方に体が流れる。それを修正しようと逆方向に力をかけなければならず、足首に負担がかかります。

img_map.jpg

ブログ110210②.jpg

つまり繰り返すカーブに左右に振られて、途中からは酔ってしまった。これに道路の起伏も加わって、途中からは地震で縦にも横にも波打っている高速道路を走っているな錯覚に見舞われました。

18キロのうみたまごを過ぎて、20キロ通過は1時間25分13秒(21分40秒)。ハーフは1時間30分4秒。20キロ手前で友人のツーツーさん、やまちょくさんに次々と抜かれました。

ここから大分市街地に入るまでは、このバンクの連続が早く終わらないかと、そればかり考えていました。西大分駅を過ぎて、23キロからは大分市街地に入ります。やっと道路がまっすぐになった。

ここからは退屈するかと思っていた32キロまでの長い直線ですが、ペースは落ちているものの意外にリズムを感じました。25キロ通過は1時間47分39秒(22分26秒)。キロ4分30秒ほど。前を行っていたツーツーさん、とおるちゃんに追いついて、しばらくは並走しました。

DSC00384.JPG

日が陰ってこのあたりから冷えてきました。松並木が美しい臨海産業道路を行き、新日鉄大分工場の正門近くで妻となおらいが応援してくれました。30キロ通過は2時間10分58秒(23分19秒)。だいぶ落ちてきましたが、まだキロ4分40秒ぐらいのペースは維持しています。(つづく)

                               ♪

きょう水曜日からランニングを再開。ジムでトレッドミルを62分、11.5キロ。バイク15分。体重は71.0キロ。10日後の泉州国際に向けて、また絞っていかなくてはなりません。今月累計は81.5キロ。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢にまで見た湯の街の目抜き通りをゆく…2011別大完走記【上】 [2011別大初挑戦]

別大のレース翌日、月曜日は妻子を連れて別府観光でした。定期観光バス「地獄めぐりツアー」に参加して、大分が初めての妻は大喜びでした。「とりてん」「だんご汁」から「関あじ」「琉球」「やせうま」まで、大分料理も満喫してきました。マラソンの翌日はつい欲張りになってしまいます。

右足のアキレス腱が痛く、どうやらバンク角が深い別大国道で痛めたようです。水曜日には再来週に迫った泉州国際に向けて、ジョグを再開させたいと思っています。

さて恒例により、別府大分毎日マラソンについて計3回で振り返ります。

                             ♪

img_map.jpg

宿泊していた大分市内からはゴール地点の大分市立陸上競技場からシャトルバスが出ています。直接最初の応援ポイントに向かう妻とはホテルで別れて、午前10時にスタート地点の「うみたまご」に着きました。「カテゴリー2」の選手控え室は「おさる館」の3階。既に満杯です。

ちなみに「カテゴリー1」(2時間30分まで)は2階、「カテゴリー3」(3時間~3時間半)は道路向かい側の特設テントで、テレビのバラエティー番組みたいに待遇に差がついています。

大会では珍しいことに、トイレはまったく混雑しません。ゆったりと支度をして、ジョグで体を温めて、友人達とゆっくり話して、リラックスして午前11時40分にナンバーカードごとに細かく分けられた待機場所に向かいました。スタートは正午。ようやく緊張してきました。

スタートロスは意外に少なく、10秒あるかないか。そうです、厳密にタイムごとに並ぶと混むわけがないんです。ということは普段はいかに虚偽申告が多いか、ということですな。

左側に山、右側に海を見ながら、3車線の道を行きます。4分20秒で入ろうと思った1キロは4分10秒。やや追い風。「こうなりゃ、とりあえずサブスリーペースで行ってみよう」とリズムを刻みます。まもなく別府市街地に入り、別府タワーが見えてきます。5キロ通過は20分48秒。やや落とします。  

2年前まで折り返しだった国際観光港を過ぎて、妻となおらいの応援を受けて、宮崎の青島太平洋のコースに似たワシントニア・パームが並ぶ亀川バイパスに入ると、まもなく最初の折り返し。

10キロは42分6秒(21分17秒)。「チーム・アジア」のとおるちゃん、「チーム・サボテン」のツーツーさん、会社の同僚の「やまちょくさん」がすぐ近くを走っていて、刺激をもらいます。

この大会、女性は30年ぶりの出場となります。マラソンどころの大分ですから、沿道の市民も女性の出場を待ちかねていた様子。「女子、がんばれ」「ねぇちゃん、がんばれ」(この言い方はどうか…)と女性ランナーの前後は応援が多く、なんだかちょっと楽しい。

別府市街地の出口となる東別府駅近くが15キロ地点で1時間3分32秒(21分26秒)。ここまでは3時間10分切りの目標に向けて順調に刻めました。23キロ地点の西大分までは、気楽にシーサイドコースを楽しもうと楽に構えていましたが、これが誤算でした。(つづく)

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別府大分毎日マラソン…3時間11分20秒でした [2011別大初挑戦]

6日の別大走ってきました。前半高揚してサブスリーペースで入ってしまい、18キロあたりの別大国道のバンクで体が左右に振られ、厳しくなりました。

フィニッシュは3時間11分20秒でした。最後の大分市内で前後に友人がいたので気持ちをつなげて、きつかったわりに粘れました。

目標の10分を切れなかったのは残念ですが、現状では完走できたことを喜ぶべきかと。きょうは妻、なおらいを連れて別府の地獄巡りをして、夕方に京都に帰ります。

応援ありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


 


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

昨年2月の泉州以来でしょうか、体重70キロを割りました [2011別大初挑戦]

「別大の本番までに体重70キロを割りたい」が、昨年12月に75キロで挑んで文字通り沈没した青島太平洋以来の悲願でした。十数時間以上、食べるのを控える飢餓状態を味わったり、昼食を抜いたり、量を控えたりと積み重ねてきて、きょうジムで測った体重は69.7キロ。体脂肪率は14%。

体重が70キロを割ったのは昨年2月の泉州国際以来です。BMIは22.9でしたが、23を切ったのはいつ以来でしょうか。ちなみにマラソンランナーは多くても「21台」が標準と言われています。

1月中旬以降通っているジムでは、60分走って、腹筋系のウエイトトレーニングをして、最後に20~30分バイクに乗って、腹部の脂肪を「絞り出して」います。これが効果があったのでしょうか。

img_map.jpg

昨年2月に録画した別大のビデオをこの一週間は見続けています。初めてのコースなので、まず風景とコースの特徴を頭に叩き込むためです。別府の亀川バイパスで折り返して、シーサイドを走る23キロぐらいまでは序章。大分市内を走る残り20キロが我慢になりそうです。

DSC00366.JPG

34キロ過ぎから勝負となる泉州国際と同じで、消耗せず前半を乗り切ることが肝要でしょうか。レースに向けた戦略やペース配分はもうしばらく考えてみます。

                              ♪

木曜日はジムで65分走、12キロ。バイクを心拍数を165ぐらいで20分。今月累計で28.5キロ。 

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別大まであと5日、ゼッケンは「936」です [2011別大初挑戦]

日曜日は大阪国際女子マラソンの応援に妻となおらいと一緒に行ってきました。「ナイアガラ・マラソンクラブ札幌」の旗を持って、長居から森ノ宮、本町、大阪城公園、長居と電車で動きました。「チーム快速亭」「めっちゃいいチーム」と合同の打ち上げにも参加し、40人ほどが集まり大盛況でした。

友人たちから、いっぱい刺激をもらいました。これが終わると、いよいよ自分の番です。

ブログ110201①.jpg

先週、ナンバーカードの引換証が事務局から送られてきました。カテゴリー2は「200番」からで、「ぎりぎり3ケタかなぁ」と思っていたら、「936」でした。参加者は2200人ほどだから、ちょうど真ん中ぐらいからのスタートかな。

遠征の前の週はなぜか、仕事で乗り越えないといけないハードルが多く、毎日障害走を走っているようです。きょうは日中に練習時間が取れ、自宅から城陽署までを往復し、太陽が丘から白川に抜け、宇治橋通りから自宅に戻る16キロ。体重は71.2キロ。なんとか週末までに70キロを割りたい。

1月の走行距離は260キロでした。300キロはかなわなかったけど、250キロはクリアできました。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別大に向け、初めての「ターサー」を買いました [2011別大初挑戦]

ちんたらと沖縄日記を書いているうちに、別大まで2週間余りに迫ってきました。今週末は土曜日に大阪・舞洲である「au×adidas EKIDEN GRANG PRIX 大阪大会」に毎日新聞チームの一員としてアンカー区間(4区、5キロ)を走ってきます。

日曜日は初出場となる高槻シティ国際ハーフマラソン。ハーフの大会なんて、なんと3年ぶりです。駅伝はキロ3分45秒、ハーフは別大の想定ペースの4分半で走るつもりです。

ブログ110120①.jpg

年末に京都市内にあるインソール専門店「Run Design」に行って、別大用のシューズをつくってもらいました。変える必要はなかったけど、なんとなく「ターサー・ゲイル」。ちょっと珍しい、グリーンのラインに惹かれました。

ブログ110120②.jpg

エリートの練習用、3時間前後の市民ランナーのレース用という位置づけですが、ターサー・ジャパンに比べると、ヒールが硬く、ミッドソールのボリュームがあるそうです。

北海道の雪道で履いていた「スノー・ターサー」を除くと、ぼくにとっては初めての「ターサー」です。オーダーメードのインソールで左足が外に流れる癖を矯正してもらっていますが、駅伝とハーフで試し履きします。

                              ♪

仕事後にジムのトレッドミルで60分走。11.3キロでした。プラス、バイクを20分。体重は72.2キロ。きょうは昼食を抜き、夕食も軽くしました。なんとしても70キロを切って、別大を迎えたいです。

人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
banner_21.gif


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
2011別大初挑戦 ブログトップ
メッセージを送る